スポンサーリンク

ウッドボウルを使ったピンクッション(針山)の作り方


ウッドボウルを入手したのでピンクッションを作りました。

時間もかからずお勧めです。

材料

ミシンまたは手縫い用針・糸

生地(10センチ四方を2枚)

接着芯(同上)

ウッドボウル(以下がお勧め)

羊毛フエルト(以下がお勧め):6個分くらい作れます。

作り方

円形の型紙をつくります。

ちなみに、上のウッドボウルを使った場合、直径7センチでGoodです。

おままごとお茶わんで作るのって意外でしたね。

その型紙を接着芯に写します。

接着芯がない方は、生地に直接写してください。

接着芯を生地に貼り、1センチくらいの縫い代をとってカットします。

カットしたら、裏表に合わせ、写した線にそって縫い付けます。

底になる部分数センチと縫い代部分とカットして表に裏返します。

羊毛フエルトを思いっきり詰め込みます。時々ウッドボウルに入れてみて調整するとよいですね。

詰め込んだら、口を閉じ縫います。

ウッドボウルにいれたら完成です。

お気に入りの生地で作ってみてくださいね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする