スポンサーリンク

乳糖不耐症って何?わが子の下痢がおさまらない原因がこれだった


赤ちゃんって突然具合が悪くなります。昨日まではなんともなかったのに。

わが子が1歳半くらいのとき、酸っぱいにおいのする水便がつづくことがありました。

病院に連れて行ったところ、「乳糖不耐症」の可能性がある、と言われました。

乳糖不耐症って?

乳糖(ラクトース)はガラクトースとブドウ糖(グルコース)が結合した2糖類で、母乳や牛乳などに含まれる栄養素です。口から摂取された乳糖は小腸粘膜に存在する乳糖分解酵素(ラクターゼ)によって分解されて小腸粘膜より吸収されます。乳糖不耐症では、この乳糖分解酵素が生まれつき欠損したり、少量しか産生されないために、酵素活性が低く、小腸での乳糖の分解がうまくいかずに不消化の状態で腸内に残ります。
分解されなかった乳糖は大腸のなかで腸内細菌によって発酵し、脂肪酸と炭酸ガスおよび水になります。発生した炭酸ガスや脂肪酸は腸を刺激して自発運動(蠕動(ぜんどう))を亢進させます。また、不消化の食物残渣(ざんさ)により大腸のなかの浸透圧が高くなるので、腸管の粘膜を通して体のなかから水分が腸管のなかに移動し、下痢を引き起こします。(gooヘルスケアより)

これ読むだけだと難しいですが、わが子はミルクと離乳食一筋で、母乳は飲んでいませんでしたが、この症状となりました。

対処法

乳糖を含む食物を除去・制限します。といってもわかりにくいですが、小児科の医師に勧めてもらったものはこれです。

少々値は張りますが、乳糖を含まない特殊なミルクです。
わが子はこれを飲むことで治りました。数週間だったと思います。保育園にも話して対応してもらいました。
この症状になって1年以上経過していますが、再発などしていません。牛乳も普通に飲んでいます。先天的なものと後天的なものがあるようですが、ほとんどは後天的なもののようです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする